SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flashのコンパイラのメモリ割り当てを増やす方法

2009.12.02 (Wed)

Papervision3dとかProgressionとかを使っていると、
「5005:バイトコード最適化中に不明なエラーが発生しました。」
と表示されることがあります。
このエラーはパブリッシュ時にFlashのコンパイラがメモリ不足になったときにでるエラーだそうです。
このエラーを回避するには、Flashのコンパイラへのメモリ割り当てを増やす必要があります。

Macでメモリ割り当てを増やす方法はSaqooshaさんのところの記事に書かれていました。
「Error 5005: Unknown error optimizing byte code」
http://saqoosha.net/2008/12/24/1662/

ここでは、WindowsXPでメモリ割り当てを増やす方法を説明します。
なお、5005エラーの前に、エラーがでないうえに組み込んだオブジェクトたちも何も表示されない無地のswfが書き出されました。状況は、Progressionをベースに開発中のflaファイルにPapervision3dを使うシーンを組み込んだ直後からです。
その際にパブリッシュされたswfの容量がそれ以前と比較して激減していたので、中のオブジェクトを削りながら検証していたら、5005エラーが出たという具合です。
5005エラーが出なくても、(1)突然中身が表示されなくなった。(2)パブリッシュしたswfの容量が激減した。(3)埋め込みフォントやコンポーネントの表示が欠ける。などの現象が現れたら、コンパイラへのメモリ割り当てを増やしてみることをお勧めします。

■Windows XPでFlashのコンパイラのメモリ割り当てを増やす方法
操作のまえにFlashは閉じておきましょう。
(1)[スタート]ボタンから[スタートメニュー]を開き、一覧にある[マイコンピュータ]を右クリックします。
(2)表示された右クリックメニューから[プロパティ]をクリックします。


(3)[システムのプロパティ]設定画面が表示されました。[詳細設定]タブをクリックして表示を切り替えます。
(4)[環境変数]ボタンをクリックします。


(5)[環境変数]設定画面が表示されました。
(6)[○○のユーザーの環境変数]にある[新規]ボタンをクリックします。


(7)[新しいユーザー変数]設定画面が表示されました。
(8)[変数名]ボックスに「JAVA_TOOL_OPTIONS」、[変数値]ボックスに「-Xmx256M」と入力します。
(9)[OK]ボタンをクリックして設定を確定します。


(9)これでコンパイラへのメモリの割り当てを増やせました。開いた各設定画面を閉じて、Flashを起動すると設定が反映されます。

○ワンポイント
ここでは、変数値を「-Xmx256M」に設定しましたが、これより少ない「-Xmx128M」でも状況が改善されることを確認しています。ただし、筆者の環境では「-Xmx256M」より多い値に設定して、Flashファイルを開くと下記のようなエラー画面が表示されます。設定する数値はご自身の環境に合わせて調整してください。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。