SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型MacBookPro が残念だったので、現況MBPをテコ入れした話

2016.11.15 (Tue)

こんにちわ。4ヶ月ぶりの記事ですね。
その間、何してたかというと、割とのんびりしてました。
でも、心は今秋に発売になるというMacBookProを待っていたんですね。

やっと発売されたソイツは、買い替えるにはかなりビミョーなシロモノだったわけです。
そのやり場のない気持ちを抑え込むべく始まった「現況MBPをてこ入れしてヤルゥ!」チャレンジ。

■現況MBPの問題点

1)アダプターを外したら、いつ強制終了するかわからない貧弱バッテリー
2)SSDの容量不足(現況250GB)


書き出してみると明確でした。
処理速度には何も不満はなかったのですね。
i5だけども、速度的にはOK。

ところで、4月に東京から金沢に移住しました。
金沢は綺麗な街でオフィスの窓から見える景色が季節で移り変わって和みます。
古都の街金沢で、ジニアスバーを探したものの、ないんですね。
北陸で唯一Macを修理できるという香林坊のカメラのキタムラに行ってみました。
1)の方法として提示されたのは下記の二つ。
 1-1)郵送でAppleの修理センターに送る
 1-2)カメラのキタムラに預ける

これは費用の違いはあれども、1週間は手元にMBPが存在しなくなることは共通でした。
預けないで修理するには、東京か大阪のジニアスバーに行くしかないという。。。。

そこで!自分で修理することにしました。

バッテリー交換
■バッテリー交換のために購入したもの
1)交換用の純正バッテリー 10,680円(amazonの「元気コンピューター」のやつこれだとドライバー付き)
2)プラスティックのヘラ 81円(amazon)

この他に自宅にあった精密ドライバーを使用しました。

■バッテリー交換の参考にしたページ
MacBook Pro 13" Retina Display Late 2012 Battery Replacement

※英語だけど、写真がわかりやすいので本文読まなくてもわかります。

数日使用して快適だったので、次は、SSDの換装です。
これは、MacBookAir 11 2011 lateでもやったことあったので、余裕です。

SSD交換

■SSD換装のために購入したもの
TRASCEND JetDrive720 1TB 69,800円(amazon)


■SSD換装の参考にしたページ
「MacBook Pro 13 RetinaのSSDを換装して容量を約2倍にしてみた - 週アスPLUS」


これは、楽勝ですよ。はい。

■テコ入れにかかった費用

80,561円

せっかくだから、WinとMacのデュアルブートではなく、Winは10と7の二つ、さらにMacでのトリプルブートにしてみようとトライしてみました。

が!
あえなく撃沈。

理由はMac側でパーテーションを作成する際に、不可視のプライマリパーテーションが2つできるんですね。
MacとWinとの二つの領域を分けるために、可視プライマリが2つ、不可視プライマリが2つできます。
つまり、見た目は2つなのに、実際は4つのプライマリパーテーションが作成されます。

これはWindows側の仕様である、「プライマリーパーテーションは4つまで!」スレスレです。
デュラルブートにした時は、4つ目のパーテーションにWin7を入れられるので問題ないけど、さらにもう一つというのが不可能なのですね。

拡張パーテーション内の論理ドライブではどうかと調べてみると、論理ドライブには起動OSはインストールできない仕様です。
HDDのようにSSDを2つとか詰めればこの問題も解決なのかなとい思いますが、現在はそういうノートブックは出てないし。

トリプルブートにする際は、仮想環境を仕様するしかないようです。
でも、仮想環境だとセンサーを用いた開発する際に、ドライバー周りで不具合が出ることはあるんですよね。。。。

■参考にしたベージ
「Mac EFI環境下でのWindowsのインストール」
「Windowsの起動ディスクとパーティション入門 | OXY NOTES 」

プライマリパーテーションと拡張パーテーションの話がよくわかりました。

で、拡張パーテーションの論理ドライブにOS入れればいいのか?という疑問が起きたんだけど、ひたすら調べて、「論理ドライブには起動OSは入れられない」ということがわかりました。
どこに書いていたか不明ですが。

ということで、
「Windows の起動OSは4つ目のプライマリパーテーション内にインストールされていなければならない(散々試した)」
「たとえ、Mac側のディスクユーティリティで5つ目にあたるパーテーションをフォーマットできても起動OSとしてブートメニューに認識されるのは4つ目までのもの」

ということがわかりました。

結局やりたかったトリプルブートはできなかったけど、目的をもって Inside Windows について調べたので自己のHPが上がった満足感が残りました。残念ではあったけどね。

パーテーションは下記のようにWindows を多めに割り当てています。
MacはiOSアプリ開発時のXcodeしかほとんど使わないのでw
以上、備忘録でした!

dskutil1.png
diskutil2.png
diskutil3.png

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。