SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEDアクセサリーについて

2015.09.05 (Sat)

ここ1年くらい趣味で小学生向けの工作キットをつくっています。
その4つ目は、女の子向けにアクセサリーキット。

■試作品たち
LEDアクセ

試作品を繰り返してなんとかキットに仕上げられたので、下記のショップで販売しています。
「ゆれると光るレジンブローチ-光の特性- 小三対象実験工作キット」
http://vivamambo.thebase.in/items/1918422

LEDをつかうような電子部品でアクセサリーを作るうえのポイントをメモしておきますね。
いくつかノウハウみたいなものが集まってきたので。 アクセサリー化するには、乗り越える課題がいくつかあります。
1)どう隠すか?
2)どの電子部品をつかうか?
3)部品の容量、周波数などはどれにするか?
4)アクセサリーは何をつくるか?



1)どう隠すか?
アクセサリーなのに、部品がもろに見えてはかわいくありません。
作りたいアクセサリーのサイズから使用できる部品の大きさや数などがおのずときまってきます。
とくに、電池は小さいものが良いです。電池ケースがあるもので、一番小さいのはCR1220(直径12mm、厚さ2mm)のもの。
電池ケースなしで、ダイソーにもたまにおいている小さい電池はCR927(直径9mm、厚さ2.7mm)です。
電池交換させたいならCR1220+電池ケースだし、電池交換なしでいいならCR927をレジン内に隠しても良いと思います。

2)どの電子部品をつかうか?
「LEDを点滅させる」この方法でも、調べた限り3つの方法がありました。
一般的なのは、タイマーIC555を使う方法だと教わりましたが、それだと部品数が多くなってしまいます。
やりたいことの実現にどの方法を用いるかによって、部品数も部品を隠すべき大きさもかかわってきます。
結局私は、点滅ICが埋め込まれている自己点滅LEDを用いました。
参考:秋月電子自己点滅LED

3)部品の容量、周波数などはどれにするか?
自己点滅LEDを使うとしても、その周波数によって点滅速度が違います。
また、LED自体の大きさ(5mmか3mmか??)や輝度にも違いがあります。
ほかにもコンデンサの容量、電圧はどうするのか?点滅LEDは1つでいいのか?
など、細かな仕様でも出来上がりが違います。

たとえばLED。
キーホルダーなら、ゆれたときだけにチカチカひかればいいので、輝度も周波数も高いものがよいし、LEDは5mm玉ひとつで足ります。
イヤリングなら、ほんわかゆっくり点滅したほうがいいので、輝度も周波数も低いものがいいし、ぎりぎりまで明るさをさげるのに、抵抗もはさんだほうがよくなります。左右なので、3mm二つがよいでしょう。

次にコンデンサ。
コンデンサは用途によって、容量と電圧を選ばなくてはいけません。
容量が大きすぎると電気をためるのに時間がかかってしまいます。
逆に小さすぎると電気をためるのはすぐですがすぐに蓄電分をつかってしまうので、「徐々に点滅が消える」演出がわかりにくくなってしまいます。
今回の「ゆれると光るレジンブローチ-光の特性- 小三対象実験工作キット」では、電解コンデンサの470uf、16vを用いています。

4)アクセサリーは何をつくるか?
じつは何をつくるか?が先に来そうですが、アクセサリーにつかえる電子部品の特性を理解してからのほうが、「この条件でかわいくできるアクセサリーは何か?」と考えるほうがまだ実現しやすいことがわかりました。

まず、少ない部品数ででアクセサリーに使えそうなギミックを考えないと、できない夢ばかり追いかけることになってしまいます。
最善は「まず、できることを探して、その条件の中で作れるものを考える」


普段みにつけるアクセサリー的なものに電子工作を用いると、ちょっと得した気分になれます。
高度なコンピュータがまわりにあふれている時代だからこそ、ひとつひとつの部品の役割を感じたいものですね。

素敵な電子工作ライフを♪

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。