SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FlashDevelopのAIRプロジェクトでANEとRuntimeを埋め込む

2013.08.23 (Fri)

さ、そんなわけで、kinectFaceTrakingANEは完成したのですが、プロジェクトで使えないと困っちゃいます。
ここでは、FlashDevelopでANEを埋め込み、CaptiveRuntimeでAIRの実行ファイルを作るひとつの方法をご紹介します。

普通にFlashDevelopプロジェクトを[AIR AS3 Projector]で作成します。

プレビューの方法までは下記の記事で進めます。
「FlashDevelop + GCCでANE入門」
http://rest-term.com/archives/2950/

で、納品するには「ビルド」しないといけませんね。サイネージものではAIRコンテンツはもっぱらCaptiveRuntimeを使用します。
なぜって?
Runtimeがアップデートされて、「動かない!!!」となるのが怖いから。
埋め込んでさえ、いれば実機のOSの環境が変わらない限り、ずーっと動いてくれます。<これ超大事!

FlashDevelopのプロジェクトツリーはこんな感じ。
※先の記事の中にあるextdirにサブディレクトリーを追加してあります。
kinectFaceTrakingAneProject
■編集するところ

1)Packager.bat
11行目くらいにあるadtにコールしているところ。

call adt -package -XnoAneValidate %SIGNING_OPTIONS% %OPTIONS% %OUTPUT% %APP_XML% %FILE_OR_DIR% -extdir extdir/release


※%SIGNING_OPTIONS% %OPTIONS% ←これの順番を入れ替えるの!これ大事。

2)Run.bat
10行目のadlをコールしているところ。

adl -runtime "%FLEX_SDK%\runtimes\air\win" -profile extendedDesktop -extdir extdir/debug "%APP_XML%" "%APP_DIR%"


※ -profile extendedDesktop ←これ重要。これないとビルドできてもデバッグが通らないです。

3)PackageApp.bat
二つ指定します。

set AIR_TARGET=
set OPTIONS=-target bundle


※-target bundle ←これがCaptiveRuntimeにしている部分

4)application.xml

<supportedProfiles>desktop extendedDesktop</supportedProfiles>



でもなんだか、ANEの埋め込みは問題ないのですが、CaptiveRuntimeの実行が途中で終わることが頻発。
OSの再起動直後なら、成功率高し。

新規プロジェクトで普通にCaptiveRuntimeして、それをみつつ同梱ファイルを整えて、swfだけデバッグで書き出されるものを上書きするのがいいのかな?とも思いました。

■ANEで使っているDLLと同梱DLL
ANEで直接使用しているDLLはMETA-INF>ANE>Windows-x86のなかとかに入っています。
でも、DLLから別のDllを読んでいる場合が一緒に同梱してあげないとエラーが出て動きません。(今回はFaceTrackLib.dll)

そういう、同梱したdllはFlashDevelopの[bin]フォルダーに入れておくとビルド時に同梱してくれます。
ビルドがうまくいかなくて手動で入れる際は.airフォルダーのrootにおきます。
airfolset.png

素敵なANEライフを~~♪

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。