SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsデスクトップアプリでのAIRのCaptive Runtimeの方法

2012.04.12 (Thu)

展示と言うか、サイネージモノをつくるときって複数画面出力のKIOSKだったりします。
Windowsの複数出力のKIOSKではいくつかの方法があります。
・HTAアプリにする
 →IEのエンジンを使用するため、WSHとかVBScriptとかも書けるので便利。でもFlashの再生はブラウザのプラグインを使用するため、ちょっと重いかな。
・AdobeAIRにする
 →Flashの再生はAIRのランタイムを使用して行われるので滑らか。

で、今回は後者で作りました。
で、展示ものなのでランタイムが数年後更新されて、不具合が発生するとかは防ぎたかったので、AIR3より追加された新機能のCaptive Runtimeでランタイムを埋め込むようにしてみました。

コマンドラインを使用する方法であまりドキュメントがなかったので、twitterで教えてもらいながらなんとかできました。なので、忘れないうちにメモです。

出来上がりはこんな風に書き出されます。
CaptiveRuntime
[Adobe AIR]フォルダの中にランタイムが入っています。
実行するときは、[AIR.exe]から行います。AIR.swfは実体ファイルですね。
  ■Windowsデスクトップアプリ用AIR3でのCaptive Runtimeの仕方
1)AdobeAIRサイトからAIRSDKをダウンロードしてきて、Cドライブとかに展開します。
2)AIRSDKを展開したフォルダ内の[bin]フォルダに、AIR.p12/AIR.swf/application.xmlをコピーします。
3)コマンドプロンプトを起動して、(2)の[bin]フォルダに移動します。
4)コマンドプロンプトで次のように打ちます。

adt -package -storetype pkcs12 -keystore AIR.p12 -target bundle AIR application.xml AIR.swf -extdir AIR\ext


すると、passwardが聞かれますので、そのときはAIR.p12を作成したときのpasswardを入れます。

補足:swfのディレクトリを指定するときは次の引数を追加します。「-C {bin-debug}swfの入っているディレクトリ」

adt -package -storetype pkcs12 -keystore AIR.p12 -target bundle AIR application.xml -C bin-debug AIR.swf -extdir AIR\ext



追記:20120412 15:54
FlashDevelopでの方法を教えてもらったので、追記します。
AIRプロジェクトを作ると自動的に作成される2つのbatファイルの中を少し編集します。
1)Packager.bat の11行目のSIGNING_OPTIONとOPTIONの順序を逆にする
2)PackageApp.bat の8行目の「set OPTIONS=」を「set OPTIONS=-target bundle」にする
3)PackageApp.batを実行すると、[air]フォルダ内にいい感じで作成されます。
※あらかじめCreateCertificate.batを実行して、**.p12を作成してあること。
追記:ここまで。

ちなみに、私はFlashDevelopを普段から使用していますが、FlashDevelopでモバイル用にCaptive Runtimeするのは次の方法でビルドはできたっぽい。
FD4.0.1だと、PackageApp.batの6行目の「set AIR_TARGET=」をコメントアウトして、次の行の「set AIR_TARGET=-captive-runtime」のコメントアウトをはずしてから、PackageApp.batを叩くとプロジェクトに、[air]フォルダが追加されその中に、[AIR-captive-runtime.air]が書き出されます。

今回はモバイルじゃなくてデスクトップ用だったので、これでは正しく動かなかったけど、今度モバイル用のAIR作るときはこの方法を忘れずに試したいと思います。

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。