SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Tips]viewDidLoadのときにperformSelectorを使う

2011.05.26 (Thu)

アプリの起動のときは次の順でメソッドが呼ばれます。
a)application: didFinishLaunchingWithOptions:
b)applicationDidBecomeActive:

rootViewControllerはこのaで作成することが多いと思うのです。
でも、bを通り過ぎるまでの時間がかかりすぎると(20秒以上?)iOSの方で強制的にアプリを落としちゃいます。
これが、「起動しない」といわれる原因のひとつですね。
aで行われる標準的な処理は次のものだと思います。
1)Windowをつくる
2)rootViewControllerをつくる
3)windowにrootViewControllerを加える
4)キーをアクティブにする

ここで処理負荷がかかるのは(2)ですね。
「2)rootViewControllerをつくる」ときは、rootViewControllerのなかのviewDidLoadとviewDidAppearが呼ばれます。
たいてい、viewControllerの中の素材は、viewDidLoadメソッド内で用意すると思います。

ここでたくさんの素材を一度に表示しようとすると当然時間がかかります。
そこで、オススメなのが、performSelectorメソッドを使う方法です。
[self performSelector:@selector(hoge:) withObject:(filename) afterDelay:2];

viewDidLoadないで作成する素材は必要最低限のみにしぼっておき、viewDidLoad内の最後の1行にこのperformSelectorメソッドを書いて、その他の素材は時間差で作成することにします。

これにより、起動時間の短縮がはかれるし、「起動しない」アプリにもなりにくくなります。
また、これをしてもviewDidLoadは基本的(*1)に起動時に一度通るだけのものなので、performSelectorによって時間差で呼ばれるメソッドもまた呼ばれるのは基本的に1度です。

※1)viewDidUnLoadが呼ばれたあとに該当のviewControllerを表示するときはviewDidLoadが呼ばれることもあります。

コメント

見当違いでしたら申し訳ありません。

こちらのサイトで勉強させて頂いています。いつもありがとうございます。


教えて頂きたい事があります。

メソッドの動的な呼び出し?を行いたいと考えています。

イメージでは以下のような感じです。
[imageButton1 setImage:image forState:UIControlStateNormal];
[imageButton2 setImage:image forState:UIControlStateNormal];
[imageButton3 setImage:image forState:UIControlStateNormal];
.
.
.

というようにimageButton以下の数字を変えていきたいです。

調べていく中で respondsToSelector、performSelectorを用いると実現できるようなのですが、なかなか上手くいきません。

申し訳ないのですが、よろしければやり方を教えて頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

因に当方Xcode4.3.2でARCを使用しています。

Re: 見当違いでしたら申し訳ありません。

「なかなかうまく行きません」で答えられるひとはどこにもいないと思います。
「質問NGワード集」
http://www.fumiononaka.com/TechNotes/NGWords.html

まず、ご自身のトライの内容を整理することです。
そして、相手の答えやすい質問の仕方ができるほど情報を整理できるときには、たいてい答えは見えています。
がんばってください。

コメントの投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。