SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadを基幹システムの端末に使用するということ

2011.07.25 (Mon)

私はFlashやObjective-Cを使用したアプリ開発も好きですが、じつは最初に開発したアプリはデータベースもの。
開発ツールはFileMakerです。これは、Windows & Mac の両方で稼動するデータベースアプリを作成しやすいんです。

さて、そのFileMakerに、昨年FileMaker GO なるファミリー製品が加わりました。
これは、iOS上でFileMakerのデータベースを閲覧&編集するクライアントアプリです。
残念ながら、これ単体ではデータベースの構築はできないため、通常のWindows(もしくはMac)のFileMaker Proでデータベースファイルを構築し無ければなりません。

従来、閲覧&レコードの編集しかしないクライアントでもパソコンを用意し、FileMaker Proをインストールしないと業務が行えなかったことを考えると、iPad + FileMaker GO for iPadでクライアント端末を構成することはコスト面でも非常に理にかなっています。

という背景のもと、今年の初めに美術系の予備校さん向けに生徒さんのポイント管理用のソリューションを手がけました。
こちらがマイコミジャーナルさんの取材を受けました。

FileMaker Goが実現した、超短期システム構築 - 御茶の水美術学院
http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/07/25/fmgo/index.html

このような業務システムは、現場のかたの使いやすさを一番に考慮すべきと思うのです。
開発する側は、「要件書」、「仕様書」があり、それをお互いで確認したうえで、データベース構築に入る方が安心なのですが、これだと「使ってみてはじめて分かる」的な事柄に対処しきれないと思うのです。
現場の方は設計のプロではないので必ず抜け落ちがあるわけです。
そういう部分までを掬い上げてこそ、「使いやすい」は生まれると思うのです。
開発に携わらない方から見れば、「業務システム」とは自分の仕事を便利にしてくれる「魔法」のようなものだと思います。
でも、どんなすばらしい魔法でも呪文が長すぎて覚えられなければ、結局は使われることはないでしょう。
使われないシステムは存在しないより、コストがかかっている分だけ性質が悪いと思います。
それよりは、「ほんのちょっとの便利」を積み上げる形でも「触れやすい」システムを作るほうがより人に近いのではないかと思っています。

そんな人に寄り添うような身近なシステムを短い時間で形にできるFileMaker GOに使う人の笑顔とともにある業務システムの将来を感じてしまいます。
スポンサーサイト

iPhone/iPadアプリ「宇宙飛行士100の言葉」

2010.12.01 (Wed)

iPhone/iPad向けアプリ「宇宙飛行士100の言葉」が公開されました。
100word01 100word02
100word03 100word04

12/10まで発売記念特価として通常価格600円のところを450円(!)にて販売しています。
本アプリは2009年9月に彩図社から刊行された同名の書籍(1260円)をiPhone/iPad向けに最適化したものです。

 はやぶさをはじめNASAからの地球外生命体についての記者発表など宇宙の話題が多かった今年、それもこれまで宇宙開発に挑んだ先達がいてこそ。
 200以上の不具合が存在し、乗り込んだら二度と家族に会えないことを承知のうえ旅立った、ウラジミール・コマロフ飛行士の言葉、惨事のあとにフランク・ボーマン船長が述べた言葉、それらの言葉が生まれた背景には、知らずに涙が溢れてきます。
 ぜひ、熱い心で宇宙にその身を置いた挑戦者たちの魂に触れてみてください。

【appStore】http://itunes.apple.com/jp/app/id401587753?mt=8

【自慢の機能】
・縦書き/横書き表示の切り替え
・明朝体での表示
・文字の大きさをスライダーで変更可能
・NASAの背景画像の表示切り替え
・名言をキーワードで検索できる
・シャッフルでランダム表示

AstroArtsさんの原著に向けた書評(http://p.tl/3POt)から一部をご紹介。
「一度読むと「もういいや」という本とは大違い。名著は何度も何度も読み返すと、何度も何度も違った勉強ができるという。本書はまさしくそんな本である。宇宙関連の仕事を生業とする人々はもちろん、宇宙や地球、自然や人間の教育に関連している方々には、本書を深く味わうことを特におすすめしたい。」

本自体、ココロを揺さぶる内容で、私も動作検証しながらもついつい本文を読んで落涙しつつ作業していました。
とても良い本なので、あたらしいステージで多くの人に触れてもらえるといいなと思って作りました。ぜひ、ご家族やお友達にも紹介してくださいましマシ。

DVD-ROMできました。

2010.02.17 (Wed)

このブログを作る目的となっていたDVD-ROMコンテンツですが、1/25にGM(GoldMaster)版をいれました。
先日、出来上がり見本が会社に届きました。
初オーサリング制作の事例だったので、感激もひとしおです。
全国の図書館&中学校に配布されていると思います。
なかなか出会う機会はないと思いますが、もし見つけたときは一緒に感激してください。w

パソコンですべてのコンテンツを見られるほか、市販のDVDプレイヤーにいれると同梱の3D映像が再生される、ハイブリッド版になっています。
shinkai2009
使ったものたち:
Progression4、PaperVision3D。
まぁ、このためにAS3の勉強も始めたので、初めてづくしの制作でしたー。
おつかれー<自分。

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。