SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Papervision3D 日本語のフォーラム

2009.12.02 (Wed)

Papervision3D 日本語のフォーラムが立ち上がったそうです。
http://forum.papervision3d.jp/

Papervision3Dでの使い方に悩んだらこちらで聞いていきましょう。
フォーラム以外にも、本家(英語)の開発者ブログなどが日本語に翻訳されているので、とっても情報が豊かです。
まだ、オープンしたばかりなので、必要に応じて情報が追加されていくそうなので、楽しみにしていますー。
スポンサーサイト

メモリーリーク回避についての参考リンク

2009.11.28 (Sat)

papervision3Dでコンテンツを作っていると、きっちりオブジェクト&イベントリスナーを削除してあげないと、すーぐに激重になってしまうのですね。
それを回避すべく調べたので、参考にしたページをまとめておきます。

ちなみに、私はPlaneをMovieMaterialとBitmapAssetMaterialとBitmapFileMaterialで使っていたのだけども、BitmapAssetMaterialをdispose()すると、次からは表示されなくなってしまうので、何度も出したり消したりするときは、dispose()は使わないほうがいいみたい。
あと、外部XMLで指定のある画像を読み込んで表示するとき、BitmapFileMaterialを使うとぱらぱらというテンポで順に表示されるので、MovieClipの中のLoaderオブジェクトに一度画像を読み込んでからMovieMaterialをPlaneインスタンスに適用させて使いました。こちらのほうが処理的にはすばやく表示されました。

■AS3で陥りがちなメモリーリーク
http://as3s.org/2008/01/as3/

AS3ではガベージコレクションによるメモリ管理が導入されています。
ガベージコレクションとは、簡単に言えば「どこからも参照されなくなったオブジェクトがころあいを見計らって勝手にメモリから消去される」仕組みです。
この「どこからも参照されなくなった」という条件がクセモノで、気をつけないとすぐにメモリーリークの原因になります。



■ActionScript3.0 | メモリの解放
http://wakaz.info/2008/12/actionscript30_1.html

removeChildしただけだと、画面に映らなくなるだけで、消えてはいないみたい。
そこで、nullを代入することで、全て消えるっぽい。
その他、BitmapDataの時は、dipose();を使ったり、…



■MovieAssetMaterial・BitmapAssetMaterial でメモリーリーク
http://actionscript-junky.net/p_blog/category.php?k=papervision3d

、asset系のmaterialを適用してフレームを回しているとメモリーリークが起こるようです。
ソースを探ってみると内部で使用回数とmovieClipへの参照を保持している模様。そしてそれを解放する手段が用意されていない

※この方は、MOvieMaterialにして回避したそう。そういうやり方もあるのね。とメモ。

■Papervision3D 2.0 GreatWhiteでメモリ解放
http://pecoco.jp/blog/?p=18

(1)○○○○Material.destroy()メソッドを使う
(2)一度テクスチャ用にBitmapDataインスタンスを作って、BitmapMaterialを利用
(3)未検証だけど、○○○○Material.bitmapを直接dispose()するとか


3D空間に指標を日本語テキストでおきたい

2009.11.24 (Tue)

3D空間に指標を日本語テキストでおきたいわけですよ。
ぐぐってみると、「現実的ではない」との声もあるわけです。
重いそうです。
だけども、私がいま作りたいのはDVDだから、多少重くてもいいわけです。
でも、多少ってどのくらいよ?
ってことでやってみないとわかんない……ってことなのよね。
なので、だめもとでもとにかくやってみないといけないみたいです。(はぁ。)

そこで、参考になるサイトをめもめも。
ベクターテキストを扱えるようになったPapervision3D
http://clockmaker.jp/blog/2008/12/papervision_vector_font/


Papervision3Dでベクター表示(日本語フォント)
http://aaady.blog117.fc2.com/blog-entry-65.html


Papervision3DのText3Dで日本語使ってみる
http://blog.xlune.com/2009/05/papervision3dtext3d.html


ラスタ→ベクタ変換する AS ライブラリ "PotrAs"CommentsAdd Star
http://d.hatena.ne.jp/nitoyon/20071002/potrace


PotrAs? のコードDL
http://www.libspark.org/wiki/nitoyon/PotrAs


Papervision3D × Vectorvision | 実装してみた
http://www.dubfrog.net/blog/papervision3d/2008/10/


Papervision3D 2.0 ベクターテキスト
http://www.kyucon.com/blog/2009/06/papervision3d-20-5.html

DisplayObject3Dにフィルターを適用する

2009.11.24 (Tue)

前の記事で書いたようにFlashで普通に設定するのと同じやり方だと、きれいにフィルターがかかりません。
調べると、「ViewportLayerを使うのだよ」ということがわかりました。
なので、それを使ってみました。
フィルターはきれいにかかったけども、相変わらずダウンのときのfunctionが効きませんー。なぜだー。
viewportlayer
・swf(1280*768)
・sample

more »

Sceneの中のオブジェクトにフィルターを適用したい

2009.11.24 (Tue)

3DのSceneにオブジェクトを表示できるようになりました。
自動でカメラが動くようにしているので、オブジェクトにつけられるアニメーションには制約ができます。
そこで、Sceneの中でオブジェクトをZ軸方向に45度傾けてひし形にして横方向に回転させようかな?とか思案しました。
やってみたところ、これが斜めに動いちゃうんですね。
bug

@clockmaker_core さんに教えてもらった方法で、直しました!

きちんとひし形のまま横に回転しています。わーい♪
bitmap
・swf(1280*768)
・sample

なのですが、フィルターが思ったようにかからないです。
普通にFlashで設定するときと同じ方法で試したのですが、どうもそれだとだめみたい。
それに、ダウンのときのfunctionが反応しないっす。これはなぜだー!!

more »

3Dのsceneを自動でも動かしつつぐりぐりしたい・フリーカメラ編

2009.11.21 (Sat)

前の記事で、ClockMakerのYasuさんにコメントいただいた「フリーカメラ」とやらを試してみる。
結果、原因不明だったたびたびの停止もなくなり、動きも滑らかになったように感じた。

書き直しも、カメラのターゲットに指定してたオブジェクトを片っ端からトルでOKなので、楽チンでした。
エリアの端まで来たら、rotationYで方向転換しているのだけども、rotationYって今見ている方向から「00度動く」という指定であって、ワールドの中で固定でもっている角度ではないのね。
「180度展開しますよー」って動かした後は「0」に戻しておかないとだめだった。
そのまま「180」に指定したままだとあらぬ方向を向いちゃうから、そうなんかなーと想像。
でも、また再び方向転換するときは、「180」にセットしなおしてから、「0」に向けてじょじょに減らしながら展開しないと、滑らかに回らないのだ。
その辺しっくりこないな。どんな仕様なんだろか?

freeCamera
・swf(1280*768)
・sample

more »

3Dのsceneを自動でも動かしつつぐりぐりしたい

2009.11.20 (Fri)

前の記事の展開形。
ぐりぐりだけだと、「動かせる」ということがわかりにくい。それに見せたい世界が広い場合は、ある程度自動で動いたほうがいいかもしれないなと考えたので作ったよ。
一番ひっかかったのは、cameraの視点が常に0座標を見ているってこと。
これを回避するために、別の3DObjectを作ってそれをtargetに指定しつつ、動かすことで何とか回避。
それでもなんだかイメージどおりの動きにならないので、まだまだ改善の余地ありなのです。

autoRun
・swf(1280*768)
・sample

more »

ドラッグ操作で3Dのsceneをぐりぐりしたい

2009.11.20 (Fri)

PV3Dのお勉強を始めました。
もちろん、実案件で必要だからなのですが、まず奥行きのある世界をドラッグ操作でぐりぐりしたいので、作ってみました。画像が無意味に大きいのですが、実案件の設定のままなので許してくださいまし。
作り直せばよいのだけども、その暇が無いし、暇ができるまで待っていると、経緯を忘れそうなのでいまのままメモしておきます。(とか言い訳w)

pv3dDrag
・swf(1280*768)
・sample

more »

FlashでPV3Dなどのライブラリを使えるように準備する

2009.11.20 (Fri)

世の中には知っていると開発効率がぐぐんとあがったり、「できない」と思っていたことが「できる」になるような素敵ライブラリがたくさん公開されている。
使わない手はない!と思うのですが、使うまえに準備が必要なんですね。
今回はそのお話。
Flex'SDK(ツールはFlashDevelop)での設定はわりかし簡単なんだけども、Flashでの設定は簡単なんだけども知らないとちょっと引っかかるもの。

more »

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。