SIHOのプログラミングわーくワク

興味の赴くままに勉強してたら、読み書きできる言語は9個になりました。他にもいくつか気になる言語があったりなかったり?  まだまだ続く、楽しいお仕事わーくワク♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥイーンさせるときのテキスト

2009.10.24 (Sat)

外部XMLから読み込んだテキストをボタンのアクションと絡めてトゥイーンさせていたら、たびたび「nullのオブジェクト参照」って言われるっす。
あれこれ試してみるも、XMLからのデータもきちんと読めているし外部swfのフォントクラスの読み込みもできている。

うーん。眺めていて、ふと
「トゥイーンしているときのマウスイベントのたびにデータを更新してるのかも?」
とか思ったわけですよ。
ボタンオブジェクトはMovieClipにしているのだけども、キーフレームを打っているからそのタイミングで更新(?)使用としているのかも?

とか思った。
とりあえず、対処療法として、スクリプトの中に直接書いたら怒られなくなったので、それでいいっかなぁと。

でも、なんかすっきりしないなぁ。
#やっぱー。デザインで使うテキストはできるだけ分解してほしいっす。

追記:
MovieClipの親のほうにXMLの読み込み処理を書いたら、大丈夫になった。
同じシンボルの中に書いたから親のMCでキーフレーム打つたびにリフレッシュされてたのかもー。
スポンサーサイト

FileMakerで言うCase文はswitch文

2009.09.28 (Mon)

Case文ってないのかなぁ?
って思っていたら、ありましたよ。(そうだよねぇ、あるよねぇ)

switch文の書き方:
caseは数値でなくても可みたい。まぁ、数値のほうが扱いやすそうだけどね。

switch(hensu) {
case 0 :
 処理1
 break;
case 1 :
 処理1
 break;
case 2 :
 処理3
 break;
default:
 定義外の処理//ここでは、breakなし。
}

newのときにオブジェクトは作られる

2009.09.28 (Mon)

new でオブジェクトを作って、addでステージに表示する。
そのaddも指定したい条件を満たさない(Progressionでいうと、該当シーンにならないと)と実行されない。

んー。そう考えると、ステージに居ないのだから、表示されていないのだから、
「いないの?」

とか漠然と思っていたんだけど、存在はしているのね。
遠くのお友達は目の前には居ないけど、きちんと存在しているみたいに。

Flashでも「見えない≠存在しない」ではないようで。

メインタイムラインの1フレーム目にnewってしたものは、起動後速攻で作られるデスね。
該当シーンがこなくてもまず作られる。
なので、new はメインタイムラインの1フレーム目に書いておくとするじゃない?
そして、new するオブジェクトのタイムラインの1フレーム目に「シーンが表示されたときに実行して欲しいな」というスクリプトを書いておいても、シーンが表示されるずっと前、swfが起動した直後に実行されちゃうのね。

これは、とっても大事なことなのだわ。
なんとなく、忘れちゃいそうなので、メモメモ。

そして、こゆときは、newするオブジェクトのタイムラインの1フレーム目に書いた「シーンが表示されたときに実行して欲しいな」というスクリプトはfunctionに包んでしまって、シーンが表示されるときにこのfunctionを読んであげればいいのね。
と気づいたよ。

というわけで、書き直すのだ。

そんな私は、「速習Webデザイン ActionScript 3.0」を学習中ですよ。あまり読む時間が取れないので、やっとこさ真ん中あたり。
読みやすい&分かりやすい文章なのでさっさか斜め読みして他の本も読まなくちゃ。

グローバル変数

2009.09.14 (Mon)

野中さん著の「ActionScript 3.0 プロフェッショナルガイド」のp79の記述

ActionScript 2.0/1.0には、タイムラインに保持されず、しかおどのタイムラインからでもアクセスできる特別な「グローバル変数」というものが存在しました。したがって、ActionScript 2.0/1.0の「グローバル変数」との混同を避け、フレームアクションに宣言した変数がタイムラインに保持されることを明らかにするため、本書では「タイムライン変数」という呼び方を基本にします。


とまぁ、いわゆるグローバル変数はなくなっちゃった模様。
グローバル変数はなくなったけど、どこからでもアクセスできる値を持ちたいときは、テキストフィールドに値を入れておいて参照すればよいのかしら?
後で試してみよう。


タイムライン変数という制限はつくけど、配置してあるmcからrootに書いたタイムライン変数にはアクセスできたので、グローバル変数でなくてもなんとかなるな。

if文の書き方

2009.09.14 (Mon)

FileMakerのスクリプトで、IF文を書くときは、elseはifに含めて使います。
if( A=B ){
 // 真のとき実行するコマンド
 else
 // 偽のとき実行するコマンド
}

Flashだと、まったく並列に書くのね。
慣れるまで、要注意だわ。
if (A=B) {
 // 真のとき実行するコマンド;
}
else {
 // 偽のとき実行するコマンド;
};

 | HOME | 

プロフィール

siho_prof

SIHO
しほ

Twitter:
SIHO_o

viva mambo, inc.
iPhone&iPad / Flash / Kinect
使用言語:Objective-C, ActionScript 3.0, Javascript, Lua, PHP, C#, C, C++, WSH。
F-site staff

Solar System Simulator 広報

Web,スマートフォン、Desktopを問わず、アプリ制作が好物。執筆は必要に応じて。お仕事くださいまし。

サイネージ:ガンダムフロント東京・キャラクターフォトスポット設計(2012/4~常設)

アトラクション:富士急ハイランド 戦国BASARA ゲーム設計&プログラミング(2010/7-2012/4にて常設展示)

イントラシステム:「某メーカー研究所KJ法システム」DB,Flash,PHPを含むソリューション設計&DB構築、「美術系専門学校の生徒管理システム」iPadクライアントを含むソリューション設計&DB構築

iPhone/iPadアプリ:某球団試合速報アプリ、『魂を熱くさせる 宇宙飛行士100の言葉』『Mitaka Gallery -てのひら宇宙-』

書籍同梱ソフト:『4次元デジタル宇宙紀行Mitaka』『DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑』『DVD-ROM&図解 ハッブル望遠鏡で見る宇宙の驚異』

著書:『世界一わかりやすい Windows 7』『世界一わかりやすい Flash CS3』

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。